【復縁体験談】結果を見通していた占い師のアドバイス

私は今年で結婚8年目になります。
お互いに大好きで結婚したので、新婚当初はとても幸せな日々を送っていました。
しかし幸せは長く続きませんでした。
結婚3年目で我慢の限界に達したのです。
当時は周りに知り合いのいない土地で、幼い子供2人を毎日一人で子育てをしていたため精神的に参っている状況でした。
一日中夫以外に誰とも会話することなく、ろくに言葉も話せない赤ちゃんとの生活は想像以上にストレスが溜まります。
2か月に1度くらい地元に帰り、実家の両親や友人と会話をすることが唯一のストレス発散でした。
そうしてストレス発散できていればよかったのですが、困ったことに夫はものすごい束縛の激しい人だったのです。

実家に関わると夫に嫌味を言われるようになりました。
妄想が始まり、私が昼間家にいる間に浮気しているとか、男と連絡を取っているとかさんざんののしられるようになり、1週間に1度は喧嘩のたびに暴力を振るわれるようになったのです。
子供の世話で手一杯な私は夫に構うのがしんどくなってはいましたが、浮気なんて考えたこともありません。
喧嘩の日々が1年以上続き、エスカレートしていきました。

ついに限界に達して子供をつれて実家に避難しました。
DVだと自覚していましたが、現実を認めたくない自分もいました。
夫のもとに帰る勇気も出ず、かといって気持ちが残っている夫と離婚する決心もできず悩み葛藤する日々を送りました。

あるとき見かねた友人が自分の信頼している占い師を紹介してくれました。
実家から車で1時間かかる場所でしたが、何か解決策でも見つかればと思い友人に連れられて相談に行きました。
ついたのはマンションの一室でした。

最初に自分と夫の生年月日を伝え、悩みを打ち明けました。
その時はもう夫と離婚の件で泥沼にもつれ込んでいて、離婚のほうに気持ちが傾いていたのでどうしたらすっぱり離婚できるかを相談しました。
すると、意外な言葉が返ってきました。
結婚した年が二人にとってとても良いから簡単には離れられる相手ではないというのです。
しかも夫の年運がよく、わたしは36年に一度の大凶の年だから戦っても勝ち目はないといわれました。
夫は運命の相手で結びつきが強すぎるから、このもめごとはこじれたら解決するのに5年かかるとも。
どうしても離婚したいなら来年以降に動きなさいとアドバイスを受けました。

離婚したいのに待てといわれ途方にくれました。
無視して離婚を進めようとしましたが、占い師に言われた言葉がなぜか引っ掛かり積極的になれません。
占いに行く前に申請しておいた離婚料亭の申し立てが、弁護士のミスで正しく提出されていなかったという事実が発覚し3か月も先に延びるというありえないハプニングも起こりました。

伸びた3か月の間に徐々に気持ちが変わってきました。
ダメもとで半年ぶりに夫と連絡を取りました。
夫のもとには離婚調停の呼び出しが届いていましたが、今も戻ってきてほしいと待っていてくれたそうです。
離婚はしないと戦うつもりだったそうです。

占い師に受けたアドバイスに背こうとしたのに、なぜか環境が邪魔をしてきて結局は占い通りの結果に収まりました。
離れていた間に夫は人が変わったように優しくなり、一度も手を挙げなくなりました。
しかも一度離れたことでこの人以外考えられないと気づき、以前より仲が良くなりました。
占い師にはこうなる運命が見えていて、アドバイスをしてくれたのかもしれないと感謝しています。

You may also like